• FAT HEAD SHOP

    1F 3-20-1 Jingumae
    Shibuya Tokyo 1500001

  • FAT 11

    4F SAPPORO
    STELLAR PLACE CENTER
    Kita-Gojo-Nishi-2
    Chuo Sapporo
    Hokkaido
    0600005

  • FAT 75

    Nakanocho 583-3
    Nakagyo-ku Kyoto
    Kyoto
    6048042

F@T

FAT 2021 Spring & Summer "CREED" 1.30(Sat) Start!!!

FAT 2021 Spring & Summer “CREED” 1.30(Sat) Start!!!

LOVE PARKからシティホールへとプッシュして、その途中のストリートでやれることは全部やる。そんなフィリーのスケートライフを堪能できるのがスケビ『サボタージュ』シリーズ。これにはジョナサンの被写体となったジョン・ハッドリーらスケーターも多数出演している。ちなみに、フィリーのフランチャイズに、76ers(セブンティ・シクサーズ)っていう呼び方がある。これは1776年にアメリカの独立宣言をした場所がフィリーだから。混沌とした現代。今一度、フィリーにある自由の鐘を高らかに鳴らしてみるのはどうだろうか。F.A.T.とSb Skateboard JournalとフォトグラファーのCREED(信条)の1つ、それは、写真は人間が自由にやれる行為の中でもやっぱり素晴らしいものなのだ!

Cut & Sewn_J.R.”FLOW” ¥11,000 (Jonathan Rentschler × Sb × F.A.T. )

2022年にともに20周年を迎えるF.A.T.とSb Skateboard Journalによるアーティスト・コラボレーションコレクション。毎シーズン、この時にこの人こそがっていう熱病リクエストで、“THIS IS IT” な作品をヘッドライナーにして展開している。今回は、アメリカはイーストコーストのスピンシティ、 フィラデルフィア(フィリー)から。今は亡きLOVE PARKをはじめとして、世界中からスケーターを惹きつけたプラザスケートの聖地であり、リッキー・オヨラらストリート・スケーターを輩出したイースタン・エクスポージャーなところ。そんな街で、長年活躍してきたスケート・フォトグラファー、ジョナサン。彼が発表したオマージュ的な写真集『LOVE』にも収録されたグッとくる素晴らしい作品と、あえて未収録のこれぞ!っていう作品で、気分はもうイーストコースト。


@eurojon photography series
@senichiroozawa #sbskateboardjournal
AND
@fat_tokyo F.A.T.


#fatyo #fatmagazine