• FAT HEAD SHOP

    1F 3-20-1 Jingumae
    Shibuya Tokyo 1500001

  • FAT 11

    4F SAPPORO
    STELLAR PLACE CENTER
    Kita-Gojo-Nishi-2
    Chuo Sapporo
    Hokkaido
    0600005

  • FAT 75

    Nakanocho 583-3
    Nakagyo-ku Kyoto
    Kyoto
    6048042

F@T

JU03...

FAT 2021 Spring & Summer “CREED”

Bag_JU03 ¥4,950 (Sb x F.A.T.)

スケート・ツアーではツールバッグは常備しておきたい。その中にはレンチやワックス、ビズにナットなどガシャガシャと放り込まれている。このツールバッグってやつが、旅に必要な小物の整理にはもってこいだったりする。丈夫で軽量でけっこうな収納力。例えば、スキンケア・アイテムとか歯磨きセット。ピルケースや常備薬にフレグランスやヘアワックス。PCやタブレット系のパーツたち。というように用途別にまとめると、あら素敵であら快適。F.A.T.×Sbの“JOURNEY PACK”シリーズに新登場のトラベルポーチという名のツールバッグは、シンプルでちょうどいいサイズ、そして中はセパレート構造。こんな良いやつ、いくつあってもいいし、税関で宝探しみたいにザクザクさせたい。

旅はいい。命の洗濯だっていう人がいれば、人生の浪漫だっていってた人もいた。なんにしろ、ドコカに向かうためにソコを発つ。その行為は、多少の不安と危険を含んではいるけれど、その何倍もの可能性や想像性に富んでいる。スケジュール帳にマークした出発日のずっと前から、空想力学しすぎてニヤけてしまう人も多いはず。F.A.T.もそんなみなさんと同じ。旅が大好き。旅によって生まれるアイデア、クリエイティブ、リレーションシップ、フィードバック……感謝、喜び、悲しみ、興奮、自信、信頼……出会い。なにもかもが旅にはつまっている。そんな旅に出るみんなのバックパックにつまっているといいと思うアレやコレやソレを、立体化するのがこの“JOURNEY PACK”シリーズ。これはファッション以上にパッションに比重をおいた相棒的アイテムたち。これまでスケート・ツアーやシューティング・ツアーを長年続けて来たSbと、各都市を巡ってストリートブランドとして切磋琢磨してきたF.A.T.が、それぞれの、旅してきたことと旅していくことのフィードバックをつめこんだもの。そして。やっぱり。荷造りが苦手でも、ガシガシ入れてフライング気味に空港へ向かうことができるパック感。合わせて、旅先で、(あっ、あれがあればなー)とか(これが、こうなってたらなー)っていう部分が、シンクタンクされたソレだよソレ感。さらに、なるべく良い気分で、ちょっと浮き足立つくらいのクールビューティーな見栄え感。“JOURNEY PACK”シリーズは、そういう新しい街をプッシュするときの旅感(旅情)のジ・アンサーでありたい。ということで、FATのラウンジで、みなさまのご搭乗をお待ちしております。Have a nice journey!

#fatyo #fatmagazine


Photography : Kenji Nakata