• FAT HEAD SHOP

    1F 3-20-1 Jingumae
    Shibuya Tokyo 1500001

  • FAT 11

    4F SAPPORO
    STELLAR PLACE CENTER
    Kita-Gojo-Nishi-2
    Chuo Sapporo
    Hokkaido
    0600005

  • FAT 75

    Nakanocho 583-3
    Nakagyo-ku Kyoto
    Kyoto
    6048042

F@T

New Items Delivery!!!

2021.8.7(Sat) New Items Delivery!!!
Scott Bourne × Sb × F.A.T. Collaboration!!!

Bonjour Scott Bourne,
彼の作品をF.A.T.フォロワーに紹介できる日がきたことを嬉しく思う。今回、F.A.T.とSb Skateboard Journalのコラボコレクションにジョインしてくれたのはスコット・ボーン。ノーカルプライドなスケボーマガジン『THRASHER』や『SLAP』をかじりついて読んでいた90年代。スケート母国のアメリカはイーストコーストもウエスコーストもストリート、ストリート、ストリート。東京だって負けないくらいストリート・スケーターたちが日夜スポット・レコードを更新していた。新宿の工学院のダブルセットのハンドレールとNSビルのハンドレール。六本木レッジと日比谷シティのレッジなどなど。世界的に名を轟かしたスポットも数多い。そんな時代に、顔から下はフィジカル津々浦々タトゥーとRだってメチャうまのオフェンシブなスケートスタイル。完全無欠の強面キャラで超印象的だった男。それが、当時、コンソリレイテッドのプロスケーターだったスコット・ボーン。その後、彼はパリへと渡り、スケートだけでなく絵描きとして、写真家として、そして小説家として、活躍するようになった。強面キャラだというのは、こちらのイメージなだけで、本質的な部分は素晴らしい表現者だった。というか、豊かな表現欲求のひとつがタトゥーやスケートボードに顕れていたということ。F.A.T.のオリジナルボディをキャンバスもしくは印画紙にして、スコット・ボーンの魅力をあますことなくカタチにしたのが今回のコレクション。手にとってくれたら気づくと思う。セクシーとかワイルドに近い強い写真たちとリリックたち。90年代に魅了してくれたスケーターのスコット・ボーンの次なる魅力がここに溢れている。DNAの奥の方で、久々に忘れかけていたエレガントが騒いだぜ。

Tee_S.B. “REBORN” ¥8,800

スコット・ボーンがParisで活躍しているからではない。仮にどこにいたとしても、スコット・ボーン本人からハミ出してくる才能や人間性は、アバンギャルドのようで実にオーセンティックでエレガントだ。匂いでいうなら、シャネルやディオール、ゲランやマルジェラじゃなくて、ジョーマローンという感じ。このTシャツの写真からもチューベローズ・アンジェリカが匂い立ってくる。そして、今回のコレクションすべてに言えることだけれども、写真作品それぞれにスコット・ボーンの直筆リリックが添えられている。芳しき1枚。


@sbskateboardjournal
#scottbourne #fatyo #fatmagazine


Photography : Kenji Nakata