• FAT HEAD SHOP

    1F 3-20-1 Jingumae
    Shibuya Tokyo 1500001
    Close : Wed , Thu

  • FAT 11

    4F SAPPORO
    STELLAR PLACE CENTER
    Kita-Gojo-Nishi-2
    Chuo Sapporo
    Hokkaido
    0600005

  • FAT 75

    Nakanocho 583-3
    Nakagyo-ku Kyoto
    Kyoto
    6048042

F@T

  • 2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    Pants_SLACKIES ¥24,200(Dickies × F.A.T. )

    こちらもDickiesとのコラボレーションアイテム。昨季より展開している新型シルエット”SLACKIES”(ストレートシルエット)

    今季もDickiesオリジナルのソフトT/Cツイルを使用、センタークリース、フロントにワンタックを入れ、股上はやや深め、渡りはやや太めにしつつ腰回りはすっきりとさせたF.A.T.独自のストレートシルエット。

    クリースラインを残せば清潔感あるワークパンツライクの穿き方ができ、ゆとりがあるけれども太すぎない、裾幅も様々なスニーカーを想定し合わせやすい広さにデザイン。

    また、ベルトループがダブル仕様になっているのは、ベルト代わりにシューレースを通せるようにしており、付属のドローコードでも、ベルトでも、シューレースでもお好みのフィッティングでウエスト位置をキープ。細部までのこだわりを込めた仕様。

    今季はこれまでの展開色に加えて、Dickiesらしいビビットカラーも追加。もちらん定番色も。
    バギー、ワイドシルエットは慣れてからという方にはこちらがお勧めです、ぜひ!

    #dickies #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION

    Photography : Kenji Nakata

  • 2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    Left
    Tee_BLANTee ¥7,700
    Pants_BIGGIES ¥26,400 (Dickies × F.A.T.)

    Center
    Tee_DEPTee ¥8,800
    Pants_BIGGIES ¥26,400 (Dickies × F.A.T.)

    Right
    Tee_GIANTee ¥8,800
    Pants_BIGGIES ¥26,400 (Dickies × F.A.T.)

    #dickies #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION

    Photography : Kenji Nakata

  • 2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    2/4(Sat)Dickies × F.A.T. Collaboration Items Delivery!!!

    Pants_BIGGIES ¥26,400(Dickies × F.A.T. )

    今季のDickiesとのコラボレーションは、継続展開している”BIGGIES”型(ワイドシルエット)にアップデートを加えたデザインでリリースします。

    DickiesオリジナルのT/Cストレッチツイルへと変更。サイドポケット内側にはシチュエーションに合わせ機能としても使えるリフレクターテープ、ウエストに付属しているシューレースタイプのドローコードはブランドロゴを加え、アイディア次第で様々な用途に使える仕様に。裾の脇には補強布を加え擦り、破れ、ほつれの可能性を防止。シンプルに仕上げながら様々なディテールを組み込みました。

    深い股上、渡りを広く取ることによりヒップから膝にかけてボリュームを持たせ、ジャストレングスに仕上げたF.A.T.独自のワイドテーパードシルエット。そのため、ダボっと穿いてもパンツの裾が擦りにくい仕上がりです。

    今季は今までにはないDickiesらしいカラーパンツを豊富に展開します。ベーシックな色も改めてご覧いただけたらと、、、ぜひ!

    #dickies #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION

    Photography : Kenji Nakata

  • J.B. "BIGBLUE" !!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    Joe Brook × Sb × F.A.T. Collaboration Items!!!

    Tee_J.B. “BIGBLUE” ¥11,000(Joe Brook × Sb × F.A.T.)

    写真家ジョー・ブルックの相棒。フィルムカメラとデジタルカメラ。スケートデッキにニットッキャップ。そして、大型バンの『ビッグブルー』だ。このビッグブルーは本場アメリカのデッキカンパニーのシグネチャーデッキにもなっているし、ピンバッチにもなっているほど知る人ぞ知るアイコンだ。そんなバンにカメラ機材一式、仲間のスケートデッキやバックパックなどを詰め込んで、颯爽とスケートツアーに出発する。広大なアメリカ大陸を東西南北かけ巡る。ジョー・ブルックといったら、スケート写真だけれども、このビッグブルーの写真もまた彼のクロニクルなスケート写真を生み出す上で必要不可欠な”スケート写真の1つだと言える。袖のビッグブルーの刺繍、フロントのビッグブルーのフィルム写真と本人のサインと、今回のコラボコレクションを代表するアイコン的アイテム。

    #sbskateboardjournal
    #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION #newseason
    #skateboarding #skateboardphotography #photography

    Caption:Senichiro Ozawa
    Photography : Kenji Nakata

  • J.B. "BALBOA" !!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    Joe Brook × Sb × F.A.T. Collaboration Items!!!

    Sweat_J.B. “BALBOA” ¥25,300(Joe Brook × Sb × F.A.T.)

    NEWロゴF.A.T.のタグとのタッグもバッチリなピグメント仕上げのパーカ。デザインはスケートライフとのタッグが確立されている坂の街サンフランシスコのそこならそれしかないでしょ!な最高タッグのダウンヒル写真。撮影したのはサンフランシスコから世界へ発信するTHRASHERマガジンのカバー写真をはじめ長年活躍するジョー・ブルック。そんなジョーも好む風合いのピングメントの渋い3カラー。それは旅するスケーターがこよなく愛する色合い。90年代から今に至るまで、スケートの現場ではこの雰囲気が絶対的カラーパレット。

    #sbskateboardjournal
    #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION #newseason
    #skateboarding #skateboardphotography #photography

    Caption:Senichiro Ozawa
    Photography : Kenji Nakata

  • J.B. "NATE" !!!

    F.A.T. 2023 Spring & Summer “RESOLUTION”
    Joe Brook × Sb × F.A.T. Collaboration Items!!!

    Sweat_J.B. “NATE” ¥23,100(Joe Brook × Sb × F.A.T.)

    2018年以降、リブランドをフルプッシュしてたFATで、クルーネックスウェットの語り草といったら何だろうか。いろいろあるけれど、<DISCUS>とのコラボが印象深い。クソ昔にひたすら<DISCUS>のスウェットやパーカを着たおしてフルプッシュしていた思い出を一気に去来させた逸品だ。そして新春、新年、1発目のSbコラボコレクション。NEWロゴF.A.T.のタグとの相性バッチリなこの写真家ジョー・ブルックとのピグメント・クルーネックスウェットをフルプッシュしたい。デザインは、サンフランシスコのストリートを舞うネイト・ジョーンズ。スケートシティ・サンフランシスコを代表するデッキブランド<REAL>のかつてのヒーローだ。シルエットだけで彼とわかるそのスタイルと、今や味どころか貴重でもあるモノクロのフィルム写真のパーフォレーションと、ピグメントのスケート的3大カラーパレット。この1枚が今後数年、キャリアハイのクルーネックスウェットの語り草になる。

    #sbskateboardjournal
    #fatyo #fatmagazine #エフエイティー
    #japan #tokyo #harajuku #日本 #東京 #原宿
    #2023ss #RESOLUTION #newseason
    #skateboarding #skateboardphotography #photography

    Caption:Senichiro Ozawa
    Photography : Kenji Nakata