• FAT HEAD SHOP

    1F 3-20-1 Jingumae
    Shibuya Tokyo 1500001

  • FAT 11

    4F SAPPORO
    STELLAR PLACE CENTER
    Kita-Gojo-Nishi-2
    Chuo Sapporo
    Hokkaido
    0600005

  • FAT 75

    Nakanocho 583-3
    Nakagyo-ku Kyoto
    Kyoto
    6048042

F@T

  • New Items Delivery...

    3.7(Sat) New Items Delivery!!!


    Sweat_FULLTRUNK ¥13,000



    #fatyo #fatmagazine


    Photography : Tom Liles

  • New Delivery... Benjamin Deberdt × Sb × F.A.T.

    3/7(Sat)Delivery… Benjamin Deberdt × Sb × F.A.T.

    Cut&sewn_PREMIRE ¥10,000-

    パリのスケート写真家といったらこのひと。バンジャマン( @benjamin_deberdt_photography )。今回ローンチのロンTは、バンジャマンによるストリートスケーターがめちゃくちゃ増えてきている今のパリのワンシーン。自分たちでフッテージを撮りあって、すぐさまメイクの確認をする光景はスケートならでは。パリでも東京でもニューヨークでもロサンゼルスでも、それはスケートの原風景。ただ、バンジャマンが写真として切り取ると、まるで映画か古い小説の挿絵のような感じもしてグッとくる。このロンTは、F.A.T.とSbのコラボシリーズの最新アイテム。カラバリも豊富で、どの色を選ぶかは、どの額装をするかに近い遊び心で選ぶといいかも。ちなみに、バンジャマンの写真を額装して着ているつもりで、実は着ている自分自身がそのヘッドライナーであるというところが良い感じ。写真を着る。パリのパイセンの素敵写真を額装する。#keepSBweird #写真を着る ってやつです!


    #fatyo #fatmagazine #Paris#eiffeltower #sbskateboardjournal



    追伸:FAT MAGのVOL.4のヘッドライナーもつとめたパリジャンスケーターのオリジナルギャングスタ、バンジャマン。キャリアのスタートは、ロンドン発スケートマガジン『KING PIN』やパリの専門誌『SUGAR MAGAZINE』などでスタッフフォトグラファーとして活躍。その後、マーク・ゴンザレスと共作したアートワーク本『LE CIRCLE』やSb Skateboard Journalでもフィルムプリントによる味のあるスケート写真を発表し続けている。近年は、デジタルメディア『Live Skateboard Media』や、これぞ彼の真骨頂とも言えるアナログ感満載のポケッタブルブック『THIS WAS JUST NOW』シリーズをバランス良く刊行している。そして、今頃はニューヨーク・スケート紀行にまつわる新しい1冊が大詰めを迎えているのかもしれない。バンジャマンのプリント写真のパーコレーション部分には、糸くずのようなミジンコのようなミクロな線が見えたりする。これを汚れというのではなく、バンジャマンにかかると、自分でプリントした痕跡のようなもので愛着があるということになる。とにかく彼は、写真とスケートボードを通して、我々に人生における普遍的な姿や、こだわるべきところの重要性を教えてくれる。とにかく彼の写真は、これでいいのだ! これだけでもプッシュできないやつが、なにができるというのだ? というような問いかけをしてくる。実に余韻も味わいも深い。

  • New Delivery... Benjamin Deberdt × Sb × F.A.T.

    3/7(Sat)Delivery… benjamin deberdt × Sb × F.A.T.

    Shirt_BENJ ¥18,000-


    シットなシャツはかなり重宝する、街の立ちんぼメンの即戦力。手触りもシルエットも良いので、ストリートでガシガシやっても、シックにピシっときをつけしても、やっぱり即戦力なシャツなのがこの1着。フロントからは、もうオサレキッズとかオサレオジサンとかオサレミドルにしか見えないけど、バックはオフェンシブに、敬愛するバンジャマン( @benjamin_deberdt_photography )のタテイチ写真がズドンとあしらわれてる。しかもこの写真は、パリのスケーターで知らない人はモグリと言っていい、なんならジェイソン・ディルだって、ゴンズだって、ランス・マウンテンだって、ガッツリ撮影しているバンジャマンの思い入れ強い1枚だったりする。『どうしても今回のコラボ、シャツに刷る写真はこれがいい』というバンジャマンの思い入れ。それは、被写体のキッズがパリのストリートで初めてスケートに出会った日の、初めてテールを浮かせた瞬間を切り取った写真だから。このキッズはこの瞬間から今日に至るまで、スケートに魅せられっぱなしで、パリジャンスケーターの顔のひとり、サンチアゴが今でもセッションしたりしているらしい。そんな、キッズにとってもバンジャマンにとっても、スケートとストリートで生きていく中でのビューティフルモーメントがビューティフルなシャツとなってラインナップ。このF.A.T.とSbのコラボシリーズの最新アイテムは、ボディのカラバリも豊富で、どの色を選ぶかは自分の淡い思い出とかビューティフルモーメントをフラッシュバックさせて選ぶといいかもしれない。You were in a beautiful moment!!! ・

    #fatyo #fatmagazine #Paris#eiffeltower #sbskateboardjournal

    追伸:FAT MAGのVOL.4のヘッドライナーもつとめたパリジャンスケーターのオリジナルギャングスタ、バンジャマン。キャリアのスタートは、ロンドン発スケートマガジン『KING PIN』やパリの専門誌『SUGAR MAGAZINE』などでスタッフフォトグラファーとして活躍。その後、マーク・ゴンザレスと共作したアートワーク本『LE CIRCLE』やSb Skateboard Journalでもフィルムプリントによる味のあるスケート写真を発表し続けている。近年は、デジタルメディア『Live Skateboard Media』や、これぞ彼の真骨頂とも言えるアナログ感満載のポケッタブルブック『THIS WAS JUST NOW』シリーズをバランス良く刊行している。そして、今頃はニューヨーク・スケート紀行にまつわる新しい1冊が大詰めを迎えているのかもしれない。バンジャマンのプリント写真のパーコレーション部分には、糸くずのようなミジンコのようなミクロな線が見えたりする。これを汚れというのではなく、バンジャマンにかかると、自分でプリントした痕跡のようなもので愛着があるということになる。とにかく彼は、写真とスケートボードを通して、我々に人生における普遍的な姿や、こだわるべきところの重要性を教えてくれる。とにかく彼の写真は、これでいいのだ! これだけでもプッシュできないやつが、なにができるというのだ? というような問いかけをしてくる。実に余韻も味わいも深い。

  • P2P PROJECT...

    “香川 AM/nine” @amnine_takamatsu にて明後日3/7(土)-3/8(日)の2日間”P2P PROJECT”を開催。
    当日は、FATからTETSU @fat_tetsu も参戦しブランドや洋服の事、その他プライベートの事などざっくばらんな話をしコミュニケートできればと。もちろんお客さまのスタイリングも提案させていただきます!!


    #fatyo #fatmagazine

  • New Items Delivery...

    3.7(Sat) New Items Delivery!!!


    Shoes_KREEP ¥36,000(Padmore&Barnes x F.A.T.)



    #fatyo #fatmagazine


    Photography : Tom Liles

  • New Items Delivery...

    3.7(Sat) New Items Delivery!!!


    Pants_HUE ¥17,000



    #fatyo #fatmagazine


    Photography : Tom Liles

  • New Items Delivery

    3.7(Sat) New Items Delivery!!!


    Pants_KWILT ¥19,000



    #fatyo #fatmagazine


    Photography : Tom Liles

  • info...

    【営業時間短縮のお知らせ】

    いつもFAT HEAD SHOPをご利用いただき誠にありがとうございます。

    新型コロナウィルスの影響により、明日3/2(月)より当面の間、営業時間を下記の通り短縮させていただきます。
    【営業時間】
    12:00-20:00
    ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。



    FAT HEAD SHOP
    〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前3-20-1 1F
    Tel:03-5775-3877